HOME / H4O開発ストーリー / 類似商品との違い

活動・目的

H2Oと水素の結びつきH4O水素結合水


H4O

H4O=H2O+H2

 

他社製品
活性水素水:H2O=H2O+OH-

製造工程の比較

H4O水素結合水
①逆浸透膜により塩素や残留化合物を取り除く
②水素ガスを溶存させる
③真空充填する

他社製品
【電解水】
①カルシウム・ナトリウム・ミネラルを入れる

②清流ダイオードを利用し、電流を流してOH-を発生させる

③マイナス極によった水を充填する

【添加物】
①マグネシウム・アルミニウム・カリウム・マンガン等を入れる

②アルカリイオン水と同じ原理でOH-を発生させる

③数時間放置して飲む

pHとH2・OH-

H4O水素結合水
水素が溶存しているので、pHは中性域を示します。還元電位はH2によりマイナスを示す。中性域であるため体に負担をかけません。(pH7.7 還元電位 -600mV)

 

他社製品
OH-をたくさん発生させることにより還元電位はマイナスになります。OH-が多く含まれるためアルカリ性を示します。強アルカリであれば体に負担をかけ、悪影響を及ぼします。

水素量

H4O水素結合水
H4O -600mV,H4O PET,H4O SLIM → 1,500ppb 1.5ppm※

(※東亜ディーケーケー社製DH-35Aによる水素充填時の計測値)

 

他社製品
その水素量は検査機器の誤差の範囲に留まる。

他社製品との成分比較

H4Oの数値はすべて水素充填時の計測数値です。

  H4O 電解水タイプ
タイプ: 水素結合水 アルカリイオン水
pH: 7.7 8~10
ORP: -600mV 100mV~150mV
水素溶存濃度: 1,500ppb 検知不可能
パッケージ: アルミパウチ(紫外線対策)
真空充填(酸素対策)
家庭用浄水器またはペットボトル
 
  添加物タイプ 天然水素水
タイプ: スティック式
(水素イオン発生スティック)
天然水素水
pH: 10.8 7.9
ORP: 109mV 365mV
水素溶存濃度: 1,500ppb 検知不可能
パッケージ: 家庭用容器 ペットボトル

H4O開発ストーリー

  • 設立趣旨へ
  • 活動内容へ
  • アワードの流れへ
  • 応募規定へ
  • お申し込みフォームへ
  • 各賞の紹介へ
ページトップへ